今話題のニュースとビジネス・商売

景気回復の中で徐々に進む隠れ倒産とは?

投稿日:2014年5月19日 更新日:

トップページへ

アベノミクスによる景気回復の効果は、確かに効果が出ているようにも見えます。実際大手製品メーカーなどは、政府の期待(?)に沿う形でベアを実現しました。企業倒産の件数も表向きは、大変少なくなってきています。

 

しかし、中小企業、個人事業の経営者たちの顔色は、一向に冴えません。それどころか、4月からの消費税増税後は、より険しい表情です。

 

先日、それを裏付けるような興味深いニュース・コラムを見ました。5月26日付の毎日新聞による「中小の隠れ倒産10年で倍増」と言う記事です。

 

この記事によると、2013年の倒産件数は、22年ぶりの低水準となったが、倒産としてカウントされない、自主的な休廃業や解散、夜逃げなどによる休眠などの、いわゆる隠れ倒産が、28,943件にも達したそうです。

 

既に過去10年間でこの隠れ倒産は、2倍にも膨れているそうで、今年は、消費税の増税分を元請けに転嫁できない、下請けの中小企業や個人事業者が増えると予想されています。2013年の円安や株価上昇などによる恩恵などが一切なかった、中小企業や個人事業者では、より一層の厳しい対応に迫られています。

 

又、折からの人手不足が続く、建設・製造業関連、飲食店や外食産業などでは、必然的に従業員の給与などの固定費を上げなければ、人の確保ができない状況になり、益々窮地に立たされています。

 

こうしたことから、2015年の追加増税を前に、これ以上の負債を抱える前に、事業の整理を行いながら、ダメージの少ない着地点を模索し始めている中小企業や個人事業者が、水面下で増えています。

 

この隠れ倒産によるダメージは、2015年以降のさらなる経済成長にも暗い影を落としています。

 

つまり、今後発生し得る、オリンピック特需やインフレ経済への転換の前に、国内経済を支える、中小企業の下請けや小売業者が減ってしまうと言う事に繋がるからです。

 

既に建設関連や外食産業の人手不足によって、企業経営に支障が出てきているところもあるので、緊急に中小企業の休廃業や解散などの隠れた倒産を防ぐ手立ての構築を期待したいところです。

 

ファイナンシャルプランナーS.Dです

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

最短で即日融資も可能なのが最大のメリット!
1,000万円という限度額の大きさも魅力的です。

ビジネスパートナー

  1. 最短、即日審査で翌日融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

即日融資の点でビジネクストには劣るものの、
申込の即日に審査→最短で翌日融資OK!

ファクタリングの資金調達プロ

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。

あなたの会社に売掛債権があれば、
それを使って資金調達できるのが
「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

-今話題のニュースとビジネス・商売

Copyright© ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.