ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ!

名古屋でビジネスローン即日融資も

*

秋田県の銀行融資ビジネスローン利率⇒ 安い金利でノンバンク

秋田銀行のビジネスローン

北都銀行のビジネスローン

 

秋田の名産品で商売

秋田の観光資源や名産品・サービス

秋田県には、角館と呼ばれる地域があります。この角館は、藩政時代における知割が今も踏襲されています。また武家屋敷などがそのままの状態で保存されています。
東北地方には年間約200万人が観光で訪れると言われていますが、その中でも有数の観光地として有名です。国の重要伝統的建造物群保存地区として知られていて、秋田県の観光資源としても有数の地域になっています。「みちのくの小京都」と呼ばれることもあります。
外町と呼ばれる所には、武士以外の人の住居があり、老舗の商家などが現存している地域もあります。
角館には名産品・特産品もいくつかあります。その中でも有名なのは、樺細工と呼ばれるものです。日本の伝統的な工芸品で、桜の樹皮を使って作ったものを指します。
使い方はいろいろとあって、茶筒として使用することもあれば、たばこ入れとして使用することもあります。また小箱として、いろいろな用途で利用されることもあります。
樺 細工と言われると、樺が使用されている印象をもつ人もいるでしょう。しかし先ほども紹介したように桜の樹皮を原料としていて、樺類が実際に使用されること はまずありません。外部からの刺激から守る効果があり、湿度を一定にして保てるので、乾燥しているものを入れると長持ちすると言われています。
象 潟は、秋田県にかお市という所にある地形を指します。国の天然記念物に指定されていて、観光客が訪れる地域でもあります。鳥海山が紀元前466年に噴火を した結果、大規模な山の崩壊が起こりました。その結果、日本海に山が流れ込んだことによって、浅い海と小さな島ができあがりました。その後堆積作用が長年 にわたって続いた結果、砂丘によって海が仕切られるようになって、潟湖が生まれたと言われています。
その後松が生い茂るようになって、風光明美な地形が完成したと言われています。江戸時代には、東の松島西の象潟と言われるほどの有名な観光地であったと言われています。
秋田県十和田大湯という所には、大湯環状列石があります。大湯環状列石とは、縄文時代後期の遺跡のことを指します。
ストーンサークルという言葉で紹介されることもあります。1931年に発見されて、環状列石によって構成されています。また周辺調査を行った所、掘立柱建物の跡がいくつも見られたことから墓地に付属したものではないかとみられています。
葬送儀礼をおこなうための施設として、大湯環状列石が使われていたというわけです。その他にも、配石遺構や竪穴式住居群、捨て場なども出土しています。

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業の資金調達という会計処理ではなく、あなた自身の与信枠で借りたい場合は下記の特集ページへどうぞ↓
カードローン1番安い金利は? メガバンク・ネット銀行を含めた安心なローン会社の金利一覧表はこちら ⇐

トップページへ

公開日:
最終更新日:2015/12/05