今話題のニュースとビジネス・商売

上がり続ける電気料金!エネルギー問題の経済への影響は?

投稿日:2014年3月25日 更新日:

トップページへ

先日の都知事選においても、一部の候補から争点として取り上げられていた発電についてですが、選挙前の候補者それぞれから、エネルギー問題の重要なポイントとなる電気料金について、具体的に触れられなかったので、少し不満を覚えました。

 

地域差が有るとはいえ、実質的に電気料金は上昇しており、北海道においては、企業の死活問題に進展してきています。

 

2月20日の北海道新聞の記事によると、新北海鋼業(小樽)が自主廃業をする見込みとあります。新北海鋼業は、新日鉄住金グループの電炉メーカーで、この他にも道内の電炉工場は、高騰する電気料金の為、企業そのものの存続に懸念が生じています。

 

実際、現在の火力発電が主の発電による、電力供給でバランスが取りきれるものなのか?また、直越的な懸念材料となる、CO2排出問題の急激な悪化に対してどのような策を用いて今後に臨むのか、現在の状況では、計り知ることもできません。

 

残念ながら現状においては、原発の稼働を待つくらいしか現実的な対策を持たないのが今の日本の偽らざる姿のような気がします。

 

そうであれば、緊急に安全点検と対策をしっかりと講じて、今は、前に進むことが必要なのでは?と考えます。

 

やはり原発が一度制御を失うと福島第二原発のみならず、ロシア・チェルノブイリ、アメリカ・スリーマイルの過去の事故と同様、大変危険なシロモノであることは、誰もが疑うことのない事実として捉えています。

 

戦後の日本経済復興の時代から、電力の供給と物価と電気料金のバランスを維持し続けて現在まで至っています。言わば、「安定した電気の量と料金によって支えられてきた」と言っても過言ではないでしょう。

 

その日本の産業を支える発電が現在、大変な局面を迎えています。これだけの需要を支えているわけですから、緊急ですぐに変えることはできないでしょう。

 

しかしこのまま、火力発電をフル稼働で使い続けるのも現実的な選択肢とはいえず対外的にも抜本的な対策を講じていかなければ、嘲笑の対象に成りかねない状況です。ここが正念場、どんな苦難も乗り越えてきた日本の真価が問われることでしょう。

 

ファイナンシャルプランナーS.Dです

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

最短で即日融資も可能なのが最大のメリット!
1,000万円という限度額の大きさも魅力的です。

ビジネスパートナー

  1. 最短、即日審査で翌日融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

即日融資の点でビジネクストには劣るものの、
申込の即日に審査→最短で翌日融資OK!

ファクタリングの資金調達プロ

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。

あなたの会社に売掛債権があれば、
それを使って資金調達できるのが
「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

-今話題のニュースとビジネス・商売

Copyright© ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.