個人事業主・自営業のビジネスローン借入

個人事業主向けカードローンの基礎知識

投稿日:

トップページへ

特徴を知る

カードローンには、実に様々な種類があり、全てを覚えきるのは、なかなか大変なことです。数多くあるカードローンの中でも、個人事業主向けのカードローンには、他のローンにはない特徴があります。まずは、その特徴について見てみましょう。
個人事業主向けカードローンは、通称、ビジネスローンとも言われています。このビジネスローンは、個人事業主だけではなく、中小企業の経営者などに対しても融資を行います。一般的なカードローンは、個人のお客様を対象に、キャッシングの利用のサービスを提供していますが、個人事業主向けカードローンは、そういう点では異なるのです。この個人事業主向けカードローンが登場した背景には、ある理由があります。それは、どんなに資金繰りの計画を入念に立てることができても、思いもよらない事態が起きてしまい、資金が不足してしまうというケースが後を絶たないということです。資金が足りないがために、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまい、その結果、大きく売り上げが落ちてしまうといったことになりかねないのです。せっかく素晴らしいビジネスが存在するのに、こんなことで損をしてしまうのは、あまりにももったいないと言わざるを得ないのです。ここ最近は、時代の流れが非常に速いため、ビジネスでは秒速で争う傾向にありますから、このスピードについていかないといけないのです。個人事業主向けカードローンには、どこか怖い印象があるかもしれませんが、実際はそんなことは全く無く、非常に利便性が高いのです。

慌てない心

個人事業主向けカードローンをいざ使用してみると、思うようにビジネスがいかなくなってしまい、ついつい慌ててしまいます。確かに人間誰でも、そういう時はありますから、それは仕方ないことです。しかし、こういう時にこそ、必要な心がけがあります。それは、絶対に慌てない、強い心を持つことです。では、慌てない心を持つためにどうすべきなのか、具体的にお話しましょう。
例えばですが、銀行にローンを申し込んだが、時間的に間に合わないから、個人事業主向けカードローンに申し込んだが、何とかできるだけ早く融資してくれるだろうかと心配になったとしましょう。まず、個人事業主向けカードローンの特徴を思い出してみましょう。個人事業主向けカードローンは、ビジネスで頑張る中小企業や個人事業主をサポートするためにあるのです。そうなると、当然スピードがセールスポイントになるのです。融資までに多少の時間はかかるけど、それでも心配することはないのです。「間に合わなかったらどうしよう」ではなくて、「必ず何とかなる」という気持ちでいることが大切なのです。これだけのことで、精神的に楽になります。また、「起業したばかりだけど大丈夫なのか」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。こういうケースでは、「起業したばかり」というマイナスの根拠ばかりに目を向けてしまい、自信を失っています。根拠より大切なのは、「起業したばかりだからこそ、ここで踏ん張ってみよう」という自信です。自信があれば、個人事業主向けカードローン利用のスタートを切ることが出来たも同然です。

種類の把握

個人事業主向けカードローンの基礎知識を深めるために大切なことがあります。それは個人事業主向けカードローンの種類をしっかり把握することです。種類を把握するとなると、難しいように聞こえますが、決して難しく考える必要はありません。あくまでもシンプルに考えれば、全く問題ありません。では、個人事業主向けカードローンの種類についてお話します。
個人事業主向けカードローンには、大きく分けると、2種類あります。一つは、「今すぐお金が必要」という人向けの商品です。この商品の場合は、とにかくスピードが重視されている商品と言われています。たいていの個人事業主向けカードローンは、この種類に該当します。実際に利用する際は、まず、元金として必要な金額を借り入れます。そして、返済の際は、借り入れした元金と、その元金に対する利息を支払います。支払い方法は、一括でできる場合は一括で、分割が良い場合は分割で行います。そして、もう一つは、「いざという時の予備資金として使用したい」という人向けの商品です。個人事業主向けカードローンを使用したいのだが、今は必要なくて将来に備えたい、そういう風に感じている方もいます。この場合は、事前に本人の希望と金融会社の審査によって資金枠を定めておき、必要になった場合に、その限度額の中であれば、いつでも借りることも返すこともできるといった商品です。資金の枠ですが、もちろんこれは審査の結果次第ですが、200万円から500万円の中で設定されていることが多いです。

業者選択のポイント

初めて個人事業主向けカードローンを利用する際は、どこの業者に融資をお願いしようか、迷いに迷ってしまうことでしょう。ましては、業者は非常に多いので、どこに決めたら良いのか、分からずに終わってしまうかもしれません。そのようなことがないようにするためには、業者を選択する際に、どういうポイントに絞っていけば良いのか、知っておく必要があります。では、業者選択のポイントについて、お話します。
まず、その業者が、本当に信頼できる業者なのかどうか、判断する必要があります。この判断ですが、一見難しいように見えますが、実際は難しくありません。それは、あることを確認すればよいだけだからです。そのあることですが、それは、貸金業務登録をしていて、なおかつ、貸金業協会に加盟しているかどうか、この2つの条件を満たすかどうかが、大きなポイントなのです。前者の貸金業務登録は、財務局に問い合わせれば、簡単にできるし、貸金業協会に加盟しているかどうかを知りたいなら、金融庁のホームページで確認できるのです。もしこの2つがしっかりなされているのであれば、貸金業協会の登録番号が発行されています。この登録番号を発見できれば、この業者は信頼できる業者ということになります。貸金業協会としては、貸金業の登録を非常に厳しく行っているのです。そのため、いわゆる悪徳業者は登録することができません。この点をしっかり把握できれば、まずは大丈夫です。

必要書類

個人事業主向けカードローンに申し込むには、必ず必要書類があります。どういった種類のローンでもそうですが、必要書類を提出しなければ、絶対に利用することはできません。金融会社としては、大切なお金を顧客に融資するのですから、必要書類を用意するのは、至って当たり前のことです。そして、この必要書類をもとに、個人事業主向けカードローン独自の審査が行われます。では、個人事業主向けカードローンを利用するにあたって、どういう書類を用意すれば良いのか、お話します。
個人事業主向けカードローンに申し込む際は、どこの金融会社でも、本人確認書類の提出が求められます。ただし、本人確認書類とは言っても、本人の名前が書いてあれば良いというわけではありません。名前が書いてあっても、金融会社が本人確認書類と認めなければ、それは審査に通ることができません。ほとんどの金融会社では、健康保険証、パスポート、住民票、健康保険証、決算書、青色確定申告書のなかのいづれかを用意するようにと言われます。もし心配なら、確定申告書や決算書も持参すると良いでしょう。また、ローンの商品によっては、追加で必要書類が発生する場合があります。例えば、印鑑登録証明書や営業許可証と言った、更に本人確認が確実にできるようにするための書類を求めてくる場合もあります。個人事業主向けカードローンである以上、本当にビジネスのために融資を受けたいのか、偽り無く確認ができるのです。

今後の動向の把握

個人事業主向けカードローンですが、このことについての知識を確実に増やしたいなら、現状の個人事業主向けカードローンについてだけでなく、今後の動向についても、頭に入れておかないといけません。そうすることで、ビジネスには必要な先読みの視点で行動することができるようになり、個人事業主向けカードローンの知識が、より一層深まります。では、個人事業主向けカードローンの今後の動向についてお話します。
これまでは、個人事業主向けローンだと、商工ローンがメインで、カードローンによる融資は盛んではありませんでした。しかし、ここ最近では、個人事業主向けカードローンの方が申し込みが多いと言われています。商工ローンではあまりにも敷居が高くて手が出なかったけど、カードローンであれば、手が届くようになったのです。個人事業主向けカードローンなら、融資対象はあくまでも個人ですから、会社を倒産させた際のリスクや、倒産の際に他の役員に残った金額の支払いをさせるということは、ほとんどないのです。従来ならば、会社が破綻した場合は、ローン会社としても非常に大きなリスクを背負うことになるため、個人事業主向けカードローンに比べて審査が非常に厳しかったのです。しかし、現在では、中小企業も経営力などのスキルを着々と身に着けてきているので、融資の際にも信頼できるようになってきたのです。また、この流れに乗るように、銀行でも個人事業主向けカードローンの商品提供について進めているのです。

商品選択のポイント

個人事業主向けカードローンには、それこそ様々な商品がありますから、このような状況の中で、自分に合った商品はどれなのかを見極めるのは、かなり難しいのです。しかし、商品選択をする際、選択のポイントをしっかり押さえておけば、さほど難しくはありません。そこで、個人事業主向けカードローンの商品選択のポイントについて見てみましょう。
まず、低金利にこだわりたい人の場合です。こういう人は、担保を使って借り入れができる業者を探すことです。いわゆるキャッシングだと、無担保で融資をしてもらえるため、その分高金利になりますが、担保があれば、それだけ信用が上がるので、低金利で借り入れをすることが可能になるのです。これが商品選択のポイントの1つです。また、数日だけカードローンを利用したいという場合はどうでしょうか。個人事業主の中には、それこそ短期的に現金が必要ということもありますが、その場合は、別の視点で考えていかないといけません。取引先と金銭のやり取りをする事が多い方は、取引先からの入金で、日にちが数日ずれてしまったということがあるでしょう。こういう場合は、短期返済向けの商品を探すのです。個人事業主向けカードローンであれば、短期間融資の商品でも、比較的低金利で融資を受けることが多いのです。また、商品によっては、無利息の場合もあります。他には、大手金融機関で融資を受けるという方法もあります。審査は当然のように厳しいですが、もし上手く審査に通って融資を受けることができれば、それだけ実績を作ることができます。

 

決算書のポイント

個人事業主向けカードローンを使って融資を受ける場合は、気をつけないといけないポイントがあります。それは、決算書をしっかり確認することです。初めて個人事業主向けカードローンを利用する方や、決算書を読む経験が少ない方の場合、戸惑いもあるかもしれませんが、個人事業主向けカードローンの審査に通るためにも、決算書のことはしっかり知っておくべきなのです。では、どういうポイントに注意すれば良いのか見てみましょう。
ローンの審査のことを考えると、自身が経営している事業が黒字経営なのかどうか、この点をチェックしておくことが大切です。融資を受ける段階で、もしかしたら赤字が出ているかもしれませんが、そういう場合でも、今後利益が見込めるなら、話は変わってきます。どういう事業でも、いきなり赤字になることは、今の時代決して珍しくはないですが、そういう場合でも、いかに小さいリスクで抑えることができるかが、大きなポイントになるのです。そして、欠損金がないかどうかもチェックしてみましょう。もし、欠損金があまりにも多かったり、負債があまりにも溜まっている場合は、審査において厳しくなります。もちろんですが、税金を滞納したり、脱税などの不正をしているようでは、論外です。個人事業主向けカードローンの審査にかける際に、もし税金の滞納や不正が見つかった場合は、非常に大変なことになります。誠実な経営だからこそ、融資を受けるに値するのです。

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 

-個人事業主・自営業のビジネスローン借入

Copyright© ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.