ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ!

名古屋でビジネスローン即日融資も

*

個人事業主向けビジネスローンの利率

      2016/10/07

資金の融資を受ける時に気になってしまうのは「金利」です。金利が高ければ高いほど、返済をする金額も増えてしまいます。個人事業主の場合には、ビジネスローンの金利に関しても高くなってしまうと思われてしまうかもしれませんが一概にそうだと言うことは出来ません。

それはビジネスローンの金利は、個人事業主の経営状況や決算書の内容次第で変動するからです。同じ個人事業主であったとしても、同じ利率の金利で融資を受けているというわけではありません。

ビジネスローンの金利は審査の段階で決定してしまいます。審査の段階で決算書の内容などを元に、スコアリングしていき融資の条件が決定します。もしも個人事業主の経営状態が悪化している時に、融資を受けるという形になれば必然的にスコアリングの点数が低くなってしまい金利も高く設定されてしまうのです。

経営状態が良く、将来性のある事業を展開していると判断されるのであれば金利に関しても低くなります。

個人事業主の方はビジネスローンを利用していきたいと検討しているのであれば、出来る限り経営状態が良い時に利用することを考えるようにするほうが得策であると言えるでしょう。経営状態が悪化して、火の車状態の時に利用してしまえば金利は高くなります。

ビジネスローンの審査が即日などに行われるのは「スコアリングシステム」のおかげです。このスコアリングシステムというのは、統計的なデータに基づいて企業の点数を付けていきます。個人事業主の場合でも同じです。

どれくらい信用度のある事業を行っており、信用できる人物なのかを点数で表していき審査します。これを行うことによって、審査がスムーズになり直ぐに審査結果が出るようになっています。基本的に融資を受けたい個人事業主、企業の決済書などを入力するだけで点数が出る仕組みになっています。

このスコアリングの点数をどれだけ高くすることが出来るのかが、審査を通過する上での重要なポイントとなります。審査を通過する為だけではなく、金利を低く出来るのかというポイントとも言えるでしょう。

資金の融資ということになると、金額も大きくなってしまいます。数十万円程度の融資ではなくなってきますので、担保なども必要になるのではと不安に思われる個人事業主の方も多いのではないでしょうか。

基本的にビジネスローンでは、担保などは必要ありません。銀行融資などを受ける際には担保などが必要になるケースもありますが、ビジネスローンでは担保などは必要なく個人事業主の人的担保があれば問題なく申込を行えます。

ビジネスローンは融資を出来きるのかに焦点を当てていますので、返済出来るのかという点に関しては緩く設定されていると考えておくと良いです。

融資が出来る個人事業主・企業なのかをチェックされるという形になりますので担保などがなくても利用出来るようになっています。

もちろんビジネスローンの中には担保が必要となる業者もあります。基本的には不要ではありますが、申込を行う前に事前に確認するようにして下さい

ビジネクスト

融資限度額が大きいビジネスローンならここ。1000万円

ビジネクスト

限度額1000万円

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業の資金調達という会計処理ではなく、あなた自身の与信枠で借りたい場合は下記の特集ページへどうぞ↓
カードローン1番安い金利は? メガバンク・ネット銀行を含めた安心なローン会社の金利一覧表はこちら ⇐

トップページへ

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 

 - 個人事業主・自営業のビジネスローン借入