ファクタリング

ファクタリングの申込から契約、売買成立、入金までの流れ。必要情報や必要書類も

投稿日:

トップページへ

目次
1. ファクタリングの概要
2. ファクタリング利用までの流れ
3. ファクタリング申込に準備しなければならない書類
4. 審査
5. まとめ

1. ファクタリングの概要

ファクタリングの特徴は売掛債権をファイクタリング会社に売却して資金化することです。早期に資金化できるために資金調達の最終手段の一つとしてよく利用されます。

ファクタリングは資金調達ではありますが、融資ではありません。ファクタリングを利用しても信用情報には載りませんし、審査も売掛先の経営状況を重要視したものになります。

2. ファクタリング利用までの流れ

① ファクタリング会社のHP等をチェックして電話・メール・FAXでファクタリング開始するための資料を請求します。

② 必要書類をファクタリング会社指定の方法で送付します。

③ ファクタリング会社により調査・審査が行われます。この調査にはファクタリングを利用する会社だけでなく、売掛先についても行われます。各売掛先企業の売掛金額、契約内容、入金日などについての調査です。

④ 審査に通ったら契約を行います。契約には2社間ファクタリング、3社ファクタリングがあり、2社間ファクタリングの場合にはファクタリング利用会社とファクタリング会社の契約になりますが、3社間ファクタリングの場合にはファクタリング利用会社、ファクタリング会社、売掛先の契約となります。

⑤ 契約が終わったら入金になります。申込~入金までの期間はファクタリングの契約形態によっても、ファクタリング会社によっても違うので申込の際に確認するとよいでしょう。3社間ファクタリングの場合には売掛先企業一社一社との契約になるためより機関に余裕をみて申込を行う必要があります。

  《参考》ファクタリング会社の一覧。この他銀行が取り扱うファクタリングもありますので特にメガバンクや地域の第一地銀などに問い合わせてみてください。

3. ファクタリング申込に準備しなければならない書類

ファクタリングには①身分や会社の証明②業績が確認できる書類③売掛金の状況について確認できる書類が必要になります。
① 身分や会社の証明

・商業登記簿謄本
企業の存在や業務内容、取締役などの情報について確認できる書類です。法務局又はオンラインで取得することができますが、オンラインのものは受け付けない金融機関もあるため確認の上取得するようにしてください。

・印鑑証明書
ファクタリングの申込書、契約書、売掛先との契約書が有効かどうかを確認するために正しい印鑑が使われているかどうかを証明するための書類です。

・身分証明書・住民票
代表者の身分証明書を求められる場合もあります。運転免許証などの公的な証明書を準備しましょう。住民票まで求められる場合もありますが、これもファクタリング会社の指示に従って準備するようにしましょう。

② 業績が確認できる書類

・当期の試算表
前期の決算から3カ月以上経過している場合は決算後~最新の試算表を求められる場合があります。中小企業では毎月試算表を作成していない会社も多くあるようですが審査には売掛金の現状や最新の業績を求められますのでしっかり準備しましょう。

・決算書
決算書は直近の3期分を求められます。3年間の業績を確認することでファクタリング会社側のリスクが変わってくるからです。3年間の業績が安定していればファクタリングの審査を通る可能性が上がりますし、掛け目や手数料などの費用も低く抑えられる可能性があります。

・売掛先の状況
ファクタリングは売掛債権を売却するため基本的には売掛金の回収がスムーズにできるかがファクタリング会社にとって重要になります。そのため売掛先の審査をより重視します。売掛先の状況が確認できる書類については次項を参照してください。

③ 売掛金の状況が確認できる書類

・売掛先との基本取引契約書
どんな取引をどんな条件で行うかを約束した契約書です。入金のタイミングなどもこちらに記されている場合があるため提出を求められます。

・個々の取引の際の契約書
基本契約書の他商品やサービスごとの契約書がある場合にはこちらも提出します。

・発注書、請求書
売掛金の金額を示す基礎資料の位置づけで提出を求められます。

・金額や入金日を確認できる書類
契約書・請求書などで確認できない場合には取引金額や入金日を確認できる書類を別途提出する必要が有ります。これがファクタリングの基礎金額になります。

・過去の入金履歴が確認できる通帳
売掛先が滞納なく継続して入金しているかを確認するために入金履歴を確認します。

4. 審査

審査は銀行やノンバンクとファクタリング専門会社で違いがあります。

① 銀行・ノンバンクの場合
売掛先のほかに決算書や他行からの借入など自社の状況についても厳しくチェックする傾向があります。厳しく審査する代わりに手数料や掛け目といった費用がファクタリング専門会社に比べて安く済む傾向があります。

② ファクタリング専門会社
売掛先企業の経営状況を中心に審査します。資金回収を問題なく行えるかを重要視しつつも、基本は掛け目によって調整が可能なため銀行やノンバンク程の厳しい審査にはなりません。よって掛け目や手数料が銀行やノンバンクよりも高めの傾向にあります。

5. まとめ
ファクタリングを利用するときには自社の状況に合うファクタリング会社を選ぶことで余計な費用を払わなくて済む可能性があります。またファクタリングを利用すると通常の売掛金回収より費用が掛かるため出口戦略が重要になります。専門家やメインバンクとの相談を通して適切に利用することが大切です。

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 

-ファクタリング

Copyright© ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.