ノンバンクの事業融資 ビジネスローンで借入

ノンバンクから開店資金を借入/低い金利で安い利息

個人が新たにお店を開こうとした場合、まずはその業界に精通している事や技術を身に付けている事などが求められますが、
その次に必要になるのは開店資金となります。

ご自身の資産に加えて親兄弟から融通してもらうなど金策に走る事になりますが、
余程の貯蓄が無い限りは初期段階で必要な資金を確保する事ができません。

ただそうした場合でも銀行は新規出店を開こうとする方に融資することはありませんのでまったく当てにはできず、
銀行ならではのメリットである安い金利の借り入れは利用する事はできません。

そうした時にノンバンクは緩やかな審査で開店資金を比較的容易に確保する事ができるのですが、
問題が一つあって金利が高いということがあります。

そもそもノンバンクは金利の高さゆえに短期の返済を目的とした借り入れを行うべきで、
そうした点では長期の返済が必要となす開店資金とはやや似使わない部分もあるといえます。

ただしここには一つ裏技があって、まずはノンバンクの融資を元に一度開業させて早々に黒字化させ、
実績を積んでおくことにより銀行の融資が受けやすくなるという事があるのです。

つまり最初は少々高い金利でも我慢して支払いを行い、後に融資を銀行にシフトして安い金利へと変えるというのも、
やり方としてはとてもスマートであるといえます。

ただしこれができる前提となるのは、お店が成功という見込みがあるという点が大きなポイントとなりますので、
経営のプロも交えた事業計画をしっかり立てておく事が非常に重要になります。

 

ノンバンク 低い金利 利息

融資を受ける際には、できるだけ自身にメリットがあるところを選びたいもので、
とりわけ利息がどれくらい支払う必要があるかという点はもっとも気になるところだといえます。

ノンバンクではかつてはグレーゾーン金利などもありましたが、
現在では出資法の上限金利が見直された事により、
利息制限法に留まる事になり、利息として支払うことになる利率は低い割合で抑えられるようになりました。

そうした過程を経た今でもなお、ノンバンクの場合は金利が高いということは言われているのですが、
実際はどうなのでしょうか。

実はノンバンクを取り巻く環境は非常に厳しく、
先のグレーゾーンの見直しによる顧客への返済費用が会社の経営を圧迫させ、
また総量規制などが行われたことにより利用者離れがより一層進んでいるという現状があるのです。

こうした現状というのは、会社としては厳しいものがあるのですが、
一方で私たち消費者から見た場合にはメリットが非常に大きいといえます。

というのも会社同士の生き残りを掛けた熾烈な戦いの中では、
いかにして新規の顧客を掴み取るかが大きな鍵となりますので、
利息分としての支払額を小さくするために、低い金利にするなどサービス面での改善が行われる事になります。

ノンバンク各社ともこの点について見渡してみると、
サービス改善という傾向がよく表われており、
直接低い金利にしないまでも期間限定の金利0パーセントなどといったサービスも行われていますので、
上手く利用する事ができれば、よりお得に活用する事が可能となっているのです。

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

アイフルビジネスファイナンス

  1. 最短で即日融資※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で資金使途は事業資金の範囲内で自由
  5. 手数料一切不要

最短で即日融資も可能なのが最大のメリット!
1,000万円という限度額の大きさも魅力的です。

ファクタリングの資金調達プロ

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。

あなたの会社に売掛債権があれば、
それを使って資金調達できるのが
「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

-ノンバンクの事業融資 ビジネスローンで借入

Copyright© ビジネスローン無担保で即日融資!名古屋ほか , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.