ノンバンクの事業融資 ビジネスローンで借入

ノンバンクから開業資金を借入/低金利で安い利子

ノンバンクから開業資金を借入

終身雇用という考えがすっかり消え縷々昨今では大手企業でもいつリストラがあるかは判らないようになり、
業績の悪化に伴い早期退職制度を行うという会社も非常に多くあります。

将来に不安を感じ早々と見切りをつけて第2の人生に踏み出すという選択を取る方もいるのですが、
まだまだ働けるうちにリタイヤするわけにも行かなく、どこかに勤めるのではなく新しく事業を始めるケースもあるのです。

ただ何を始めるにしても当然に開業資金が必要になるわけで、
例えば飲食店を開業する場合に場所や規模にもよりますが平均すると1000万~1500万円程は掛かるといわれています。

また元手を比較的抑える事ができるネット関連の仕事をする場合にも、
いくら抑えられれとはいえ初期費用は数百万円も掛かるケースもあるわけで、どの様に調達すればよいのでしょうか。

まず融資といえば銀行がすぐ浮かびますが、起業で何も実績の無い人に開業資金を融資してくれるほど甘い審査はなく、
国家資格の所有者や大手チェーン店の開業資金でもない限りはまったく期待することができません。

一方でノンバンクの場合は元より審査が緩やかである事から開業資金に関しても融通を利かせてくれますので、
この点はノンバンクだけの大きなメリットだといえます。

ただノンバンクの融資額は最高でおよそ1000万円までと紹介されている事が多いのですが、
必ずしもそれが適用されるとは限りませんので、ご自身の蓄えも当然に必要になってきます。

 

ノンバンク 低い利子

 企業が金融機関より借り入れをする際には、あらかじめ定められた金利に従い、
元本と共に利子も返済しなければなりません。

借り入れにより売り上げが伸びれば金利負担分もそう気に掛けるわけでもないのですが、
融資を受ける理由は必ずしも売り上げに直結するわけではありません。

特に中小企業の場合はつなぎ資金として借り入れをしたいという希望もあるわけで、
直接的な利益に繋がらない以上、金利はできるだけ低い方が良いというのは誰であれ願うところだといえます。

では低い利子で済ませるということを優先した場合に、どの金融機関を利用すれば良いのでしょうか。

低い利子という点だけで考えれば筆頭として挙げられるのはやはり銀行で、
借り入れの金額にもよりますが大抵は10%内の金利で済ませることが出来ます。

またノンバンクの商工ローンやビジネスローンを利用する場合には、
銀行と比較するとさらにプラス5%以上の金利が付くことになりますので、やや高いという印象もあります。

ただつなぎ資金などで借り入れをする場合にはもとより短期間で返済することになりますので、
そこまで利子の負担が増えるわけではありませんので、
同月内の返済であれば銀行もノンバンクも大きな差が開くわけではありません。

またノンバンクならではのメリットというのも多くありますので一概に銀行が良いというわけではなく、
ご自身の事情も併せてよく考えたうえでより利便性が高い方の金融機関を選ぶと良いでしょう。

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

アイフルビジネスファイナンス

  1. 最短で即日融資※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で資金使途は事業資金の範囲内で自由
  5. 手数料一切不要

最短で即日融資も可能なのが最大のメリット!
1,000万円という限度額の大きさも魅力的です。

ファクタリングの資金調達プロ

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。

あなたの会社に売掛債権があれば、
それを使って資金調達できるのが
「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

-ノンバンクの事業融資 ビジネスローンで借入

Copyright© ビジネスローン無担保で即日融資!名古屋ほか , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.