ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ!

名古屋でビジネスローン即日融資も

*

ノンバンクで借入

   

ノンバンクで借入

銀行で借入を断られたから、ノンバンクを利用しているという方もいるでしょう。
また、これからノンバンクを利用しようと思っている人もいるのではないでしょうか?
もし、ノンバンクを利用するのであれば、しっかりとノンバンクがどういったものなのかを理解する必要があります。
何も理解せずに利用してしまうと後から大変な事態になる可能性があるので、気をつけてください。
そこで、ノンバンクで借入をする時にどのような点に気をつければ良いのかをご説明します。
まず、ノンバンクとは、そもそも何が銀行と違うのでしょうか?
ノンバンクと銀行の大きな違いは、預金ができるかどうかです。
銀行はみなさんも知っている通り、預金をすることができますが、ノンバンクの場合は預金をすることができず、融資のみを行なっています。
これが、銀行とノンバンクの大きな違いなので、しっかりと理解しておきましょう。
そして、銀行とノンバンクでは、借入をする際の審査と時間に大きな差があります。
銀行の場合は審査が厳しく、時間もかかりますが、ノンバンクの場合は審査が緩く、時間もかかりません。
そのため、すぐに資金が欲しい時には、ノンバンクが非常に役立ちます。
ただし、ここで一つ問題があり、ノンバンクは銀行よりも金利が高いです。
金利が高いので、あまりにもたくさんの金額を借入してしまうと、返済が厳しくなってしまいます。
これが、ノンバンクを使用する時の最大の注意点です。
ノンバンクを利用する時は、すぐに返済できるギリギリの金額だけを借入するようにしてください。

ノンバンク 低い金利

ノンバンクに対する印象や評判を見ていると、一様にいわれているのは金利が高いという点なのですが、
これは実際のところ本当のことなのでしょうか。

まず比較の対象となる銀行についてですが、個々の銀行で設定が異なると共に、
運転資金や設備資金など項目によっても異なり、また変動か固定金利かによっても数字が違ってきます。

借り入れをする金額によっても利率が変わる事になり、小額であれば比較的に高く、
高額になれば低いなるという傾向もあります。

様々ある銀行の金利についてを見てみると1パーセント台中頃から2パーセントに掛けてが非常に多くあり、高額の借り入れになってもおよそ10パーセントで留まっています。

このように銀行の金利は全体的に低いということは分るのですが、一方のノンバンクの場合はどうなるのでしょうか。

ノンバンクもやはり様々な会社があるのですが、
およそ15パーセントから30パーセント程に掛けての利率を設定している会社がありますので、
ケースによっては銀行の倍の数字になってしまう事もあるのです。

確かに数字だけで比較してしまうと銀行の方が低いという点で有利になるのですが、
借り入れに際してはそれ以外にも比較する要素が多くありますので単純にそれだけで選ぶ事はできません。

例えば利率以外にも借り入れには様々な条件があるわけですし、
何よりも借りやすさや融資までのスピードといった点も非常に大切になってきますので、
より幅広く項目をしっかり見た上でどこにするか選択する必要があります。

 

ノンバンク 低い利息

融資を受ける際には、できるだけ自身にメリットがあるところを選びたいもので、
とりわけ利息がどれくらい支払う必要があるかという点はもっとも気になるところだといえます。

ノンバンクではかつてはグレーゾーン金利などもありましたが、
現在では出資法の上限金利が見直された事により、
利息制限法に留まる事になり、利息として支払うことになる利率は低い割合で抑えられるようになりました。

そうした過程を経た今でもなお、ノンバンクの場合は金利が高いということは言われているのですが、
実際はどうなのでしょうか。

実はノンバンクを取り巻く環境は非常に厳しく、
先のグレーゾーンの見直しによる顧客への返済費用が会社の経営を圧迫させ、
また総量規制などが行われたことにより利用者離れがより一層進んでいるという現状があるのです。

こうした現状というのは、会社としては厳しいものがあるのですが、
一方で私たち消費者から見た場合にはメリットが非常に大きいといえます。

というのも会社同士の生き残りを掛けた熾烈な戦いの中では、
いかにして新規の顧客を掴み取るかが大きな鍵となりますので、
利息分としての支払額を小さくするために、低い金利にするなどサービス面での改善が行われる事になります。

ノンバンク各社ともこの点について見渡してみると、
サービス改善という傾向がよく表われており、
直接低い金利にしないまでも期間限定の金利0パーセントなどといったサービスも行われていますので、
上手く利用する事ができれば、よりお得に活用する事が可能となっているのです。

ノンバンク 低い利子

 企業が金融機関より借り入れをする際には、あらかじめ定められた金利に従い、
元本と共に利子も返済しなければなりません。

借り入れにより売り上げが伸びれば金利負担分もそう気に掛けるわけでもないのですが、
融資を受ける理由は必ずしも売り上げに直結するわけではありません。

特に中小企業の場合はつなぎ資金として借り入れをしたいという希望もあるわけで、
直接的な利益に繋がらない以上、金利はできるだけ低い方が良いというのは誰であれ願うところだといえます。

では低い利子で済ませるということを優先した場合に、どの金融機関を利用すれば良いのでしょうか。

低い利子という点だけで考えれば筆頭として挙げられるのはやはり銀行で、
借り入れの金額にもよりますが大抵は10%内の金利で済ませることが出来ます。

またノンバンクの商工ローンやビジネスローンを利用する場合には、
銀行と比較するとさらにプラス5%以上の金利が付くことになりますので、やや高いという印象もあります。

ただつなぎ資金などで借り入れをする場合にはもとより短期間で返済することになりますので、
そこまで利子の負担が増えるわけではありませんので、
同月内の返済であれば銀行もノンバンクも大きな差が開くわけではありません。

またノンバンクならではのメリットというのも多くありますので一概に銀行が良いというわけではなく、
ご自身の事情も併せてよく考えたうえでより利便性が高い方の金融機関を選ぶと良いでしょう。

ノンバンク 低い利率

ノンバンクの金融会社をネットで検索してみると、よく名前を聞く知名度が高い大手会社から、
街にあるサラ金や消費者金融のような会社までと実に多くがヒットします。

出来れば低い利率で安心感があるノンバンクを選びたいものですが、
金融会社の良し悪しを見分けるようなポイントは何か無いものでしょうか。

まず知名度が高い会社を選択するというのであればそれは選択の仕方としてありだと言えますが、
ただ大手の場合は金利が横並びになってしまう場合もありますので、
より低い利率の会社も含めて良し悪しを知りたいというのであれば別の角度で確認を取る必要があるといえます。

そうした場合に一つ目安となるのは、ノンバンクが開業する際に地方自治体に届け出ることにより付与される番号で、
これを見ることにより会社の実績を計る一つの材料にすることができるのです。

なぜ届出番号で実績が分るのか、この番号は実際には○○知事(△)□□□□のような形で数字が入るのですが、
(△)にはいる数字が大きなポイントとなるのです。

そもそもこの届出は3年ごとに更新が必要となる物で、
(△)には更新された回数が入ることになります。例えば6年営業し更新が2回目の場合は(2)と表示されています。

この数字は7回目の更新以降はこの先常に7という数字が入ることになりますので、
(7)と入る会社の場合は営業年数が長くて実績があると考えて差し支えないのです。

ただこうしたノンバンクでも必ずしも利率が低いというわけではありませんので、
実績があるという事と共に利率もよく比較しておきましょう。

ビジネクスト

融資限度額が大きいビジネスローンならここ。1000万円

ビジネクスト

限度額1000万円

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業の資金調達という会計処理ではなく、あなた自身の与信枠で借りたい場合は下記の特集ページへどうぞ↓
カードローン1番安い金利は? メガバンク・ネット銀行を含めた安心なローン会社の金利一覧表はこちら ⇐

トップページへ

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 

 - ノンバンクの融資・ビジネスローンで借入