日本政策金融公庫

日本政策金融公庫の融資までの流れ

投稿日:2014年8月13日 更新日:

トップページへ

日本政策金融公庫の融資を受けるまでには、色々と手続きなど準備することが多くあります。

 

銀行の事業資金融資も比較的手続きや書類が多いとされていますが、やはり民間銀行なので融資先が返済能力があると判れば融資にこぎつける可能性はありますが、日本政策金融公庫は融資先の企業が返済できる能力ではなく、如何に発展して将来を担うだけの力を出せるかを問うとされています。

 

オーナーは、手間かもしれませんが自分の経営する会社や事業所を目先の利益に捉われないような事業計画を立てて、手続きに臨む必要はあります。

 

まずは、日本政策金融公庫の相談窓口に融資を受けるための手順や書類の作成方法などを詳しく教えてもらいましょう。こうしたことに対しても、日本政策金融公庫は時間を割いて親身に相談にのってくれます。

 

ただ、相談をするには漠然とした内容でなく、会社をどうしたいのか、得意な分野は何なのか、特許申請など会社経営に関する具体的なことをまとめておく必要があります。

 

そして、いよいよ融資の申し込みを行うことになります。申し込み手続きを行うと、面接がありますので必要な書類の作成に追われることになります。

 

しかし、書類と言っても資金計画や事業計画、製品の企画書や特許申請など会社を経営するためには必ず必要なものばかりなので、将来の会社を見据えてしっかりまとめる必要があります。

 

もし、作成方法が分からない場合は、迷わず日本政策金融公庫に相談してみましょう。経営のための相談会や講演会を紹介してもらえる場合もあります。そして、いよいよ審査にあたる面接を受けることになります。

 

[memo_h4 style="1" color="orange"]融資を受けられるためのサポート電子書籍↓[/memo_h4]

日本政策金融公庫から融資を獲得する完全フルサポートサービス≪≪≪
創業時の融資最強マニュアル&ツール≪≪≪

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

最短で即日融資も可能なのが最大のメリット!
1,000万円という限度額の大きさも魅力的です。

ビジネスパートナー

  1. 最短、即日審査で翌日融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

即日融資の点でビジネクストには劣るものの、
申込の即日に審査→最短で翌日融資OK!

ファクタリングの資金調達プロ

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。

あなたの会社に売掛債権があれば、
それを使って資金調達できるのが
「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

-日本政策金融公庫

Copyright© ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.