日本政策金融公庫

日本政策金融公庫への返済計画の注意事項

投稿日:2014年8月13日 更新日:

トップページへ

融資を受けるうえで注意しなくてはならないことに、借りたお金をどのようにして返済していくか計画を立てておく必要があります。

 

一般家庭のサラリーマンであれば会社が倒産したりリストラされない限り一定の収入があるのですが、中小企業や個人オーナーの場合では、粗利を出して返済するお金を常に出しておく必要があります。

 

企業の場合、いくら売上が伸びていると言っても原材料費や人件費などを差し引いて粗利をどれだけ確保できるかが重要になります。

 

企業は、粗利の中から株式を配当したり、設備投資、新規事業の企画を行うことになるのですが、ここに融資の返済がかかわってきますのでそれぞれの配分を十分に考える必要があります。

 

特に、全期にわたり粗利を確保できる見込みがあれば問題はないのですが、季節や流行により売上が変動したり、原材料や為替レートが変動して粗利が減ってしまうことを考慮しなくてはなりません。

 

一般個人の融資であれば収入の3分の1の返済額が限度とされていますが、企業においては月商で何カ月分の借入があるかを示す借入金対月商比で融資額が適正かどうかを検証することができます。

 

一般的には、借入金対月商比が4カ月未満であれば、融資額として問題ないとされていますが、6カ月を超えると注意が必要になり、12カ月以上であれば、即何らかの対応が必要となります。

 

その他にも、現状の利益水準で融資を完済するのにかかる年数の指標であわわす、債務償還年数指標や流動的な負債の割合で示す流動比率で計ったりします。

 

[memo_h4 style="1" color="orange"]融資を受けられるためのサポート電子書籍↓[/memo_h4]

日本政策金融公庫から融資を獲得する完全フルサポートサービス≪≪≪
創業時の融資最強マニュアル&ツール≪≪≪

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

最短で即日融資も可能なのが最大のメリット!
1,000万円という限度額の大きさも魅力的です。

ビジネスパートナー

  1. 最短、即日審査で翌日融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

即日融資の点でビジネクストには劣るものの、
申込の即日に審査→最短で翌日融資OK!

ファクタリングの資金調達プロ

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。

あなたの会社に売掛債権があれば、
それを使って資金調達できるのが
「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

-日本政策金融公庫

Copyright© ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.