事業資金調達・資金繰り

事業資金の調達/事業資金の融資を受けるには?

投稿日:2013年9月14日 更新日:

トップページへ

事業資金の調達方法で、重要な位置を占めるのが「融資を受ける」という方法です。融資というのは、広い意味では「身内からの借入れ」「公的融資」「銀行融資」「ノンバンクからの融資」などがあります。

 

公的融資には「政府系金融機関を利用する」「信用保証協会を利用する」という方法があります。銀行からの融資には「プロパー融資」「ビジネスローンの利用」などの方法もあります。

 

融資の形には、このような色々な方法があること、それぞれの方法に特徴、メリット・デメリットがあることを知っておきましょう。

 

特に、創業したばかりで実績がまだ浅い企業の場合は、「公的融資」を活用していくことが大切になります。

 

政府系金融機関の中でも「日本政策金融公庫」の国民生活事業や中小企業事業は、民間の金融機関がなかなか貸付を行わない、創業したての企業への貸付などを、行っているので利用を検討すると良いでしょう。

 

また、中小企業事業には「セーフティネット貸付」といって、様々な事情によって資金繰りが困難になっている企業への貸付や、「企業再生貸付」といって、経営改善や再建に取り組む企業のための融資を行っています。

 

これらの事業資金は、民間の銀行から融資を受けるのは、なかなか難しい部類に入ります。 ただ、政府系金融機関や民間の銀行なども含めて、書類などの審査に非常に時間がかかります。

 

また、公的資金の融資や、補助金・助成金などを利用する場合、事業内容や従業員の雇入れなどに関して、何らかの条件を満たす必要がある、といった場合もあります。

 

こういった場合には、ノンバンクのビジネスローンなども一時的に利用して、とりあえず資金繰りを改善させるというのも、良い方法ですね。  

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

最短で即日融資も可能なのが最大のメリット!
1,000万円という限度額の大きさも魅力的です。

ビジネスパートナー

  1. 最短、即日審査で翌日融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

即日融資の点でビジネクストには劣るものの、
申込の即日に審査→最短で翌日融資OK!

ファクタリングの資金調達プロ

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。

あなたの会社に売掛債権があれば、
それを使って資金調達できるのが
「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

-事業資金調達・資金繰り

Copyright© ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.