ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ!

名古屋でビジネスローン即日融資も

*

法人経営者向けビジネスローンの審査

      2015/12/05

ビジネスローンというのは、中小企業・自営業・個人事業主を対象としている小口・短期のローン商品になります。会社を経営されている方にとっては資金繰りで困られた時には、ビジネスローンを利用される方というのも増えてきています。

 

ノンバングが中心としていたローンだったのですが、今現在では銀行でもビジネスローンを取り扱っていますので検討されてみては如何でしょうか。ビジネスカードローンと言ったローン商品も出来ており、何時でも限度額までなら利用出来る商品もあります。

 

ビジネスローンの大きなメリットは融資までがスピーディーだということが挙げられます。法人経営者向けのビジネスローンなどでは、最短で即日に審査を行い融資をして貰える所もあります。このように1日でも早く資金が欲しい経営者の方にとっては、大きなメリットと感じられるのではないでしょうか。

 

それ以外にも、必要な書類が少ないというのもポイントです。公的機関で融資を受ける為には、様々な書類を用意しなければいけません。ビジネスローンであれば、必要な書類も少なくて済みますので、直ぐに申込を行えます。

 

そして審査のハードルが低く、通過率に関しても公的機関の融資よりも高いです。審査に対して不安を感じられている人にとっては、審査のハードルが低いというのもメリットとなるでしょう。

 

ビジネスローンの申込を行う時に必要な書類は、本人確認証、決算書(原則2期分)です。本人確認証というのは、運転免許証やパスポート、健康保険証になります。

 

決算書というのは経営の状況を確認するために必要な書類です。これもビジネスローンによって違いがありますが、1期分で問題がない可能性もあります。原則としては2期分必要になるケースが多いので、事前に用意しておくと申込もスムーズに進みます。

 

ビジネスローンでは保証人は必要ありません。日本政策金融公庫などを利用する時には、保証人が必要になるケースもあるのでせうがビジネスローンでは保証人は不要です。法人としてビジネスローンを利用するということになると、返済は会社が行っていくという形になります。

 

もしも会社が倒産してしまい、返済が出来なくなってしまった場合には保証人を立てて居ない時に誰が行うのかという疑問が残ります。これに関しては、法人経営者である本人が返済の義務を負うという形になっています。

 

審査は他の公的機関に比べるとハードルは低くなっていますが、必ずしも通過するわけではありません。ビジネスローンの審査ではどのようなポイントをチェックされるのかは事前に知っておくと良いです。

業歴の長さ、税金の滞納・未納、債務超過に陥っていないか、利益が出ているのか、売上の伸びしろがあるのかなどのポイントをチェックしていきます。

 

業歴の長さに関しては、長ければ長いほどポイントは高くなります。税金の滞納などをしている時には、審査の評価は下がってしまいます。経営が切迫していると見なされてしまいますが、税金の未納や滞納だけで審査を通過出来ないというわけではありません。

ビジネクスト

融資限度額が大きいビジネスローンならここ。1000万円

ビジネクスト

限度額1000万円

個人の与信で


個人の与信で借りたい場合

事業の資金調達という会計処理ではなく、あなた自身の与信枠で借りたい場合は下記の特集ページへどうぞ↓
カードローン1番安い金利は? メガバンク・ネット銀行を含めた安心なローン会社の金利一覧表はこちら ⇐

トップページへ

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ビジネスパートナー

  1. 最短、審査の翌日には融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

オリックスVIPローンカード BUSINESS

最短60分で審査回答。
最短即日の融資にも対応
しているのが最大の魅力!

  1. 即時振込み&即時返済サービスの至急対応力
  2. 全ての主要なコンビニ・銀行・ゆうちょ銀行で使用可能
  3. 1万円から利用可能という手軽さも

基本的にはカード発行の事業者向けカードローンという形。

実質年率 限度額 担保・保証人
6.0%~17.8%
500万円
不要

ファクタリングの資金調達プロ

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。
あなたの会社に売掛債権があれば、それを使って資金調達できる
のが「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

 

 - 事業資金調達・資金繰り