事業資金調達・資金繰り

こんな資金繰りは大丈夫?

投稿日:2013年9月14日 更新日:

トップページへ

カードローンからの借入

事業資金の資金繰りの方法としては、カードローンからの借入という方法もあります。カードローンを活用する資金繰りも一つの選択肢としてはありでしょう。カードローンといっても銀行カードローンや消費者金融カードローンがあります。

カードローンのメリットとしては、審査が早いということと、借りたい分だけ借り入れできるということ、いつでもすぐに借り入れできるなどメリットがたくさんあります。今すぐ事業資金としてお金が必要だという時には日本政策金融公庫や銀行、信用金庫、信用組合に融資を申し込んでも、すぐには融資してもらえませんので役に立たない事もあります。カードローンなら早ければ即日融資も可能です。

またカードローンは限度額の範囲内であれば、いくらでも借り入れできます。例えば8万円必要となればその分だけでもOKですし、後日また5万円必要となれば審査申し込みもせず借入できるのです。

一般的な融資なら、審査に時間がかかりますし、またお金が必要となればまた時間がかかります。そのため多めに借り入れする方もいますが、そうなると不要な分の利息まで支払うことになります。またカードさえ発行していれば夜でもコンビニATMなどで借り入れも可能です。

ただし、カードローンは借り入れできる額が限られていますし、金利が高いです。そのため事業資金が必要になるまで期間がある方や、数百万円、数千万円という高額の資金が必要な方は一般的な融資をしてもらうほうがいいです。カードローンは100万円以下の少額の借入、時間がない方、融資を受けるまでのつなぎとしてなどで利用するといいでしょう。

キャッシングによる借入

事業資金の資金繰りの方法としては、キャッシングによる借入もあります。キャッシングとは一般的にクレジットカードに付随しているキャッシング機能でお金を借入できるという方法になります。

カードローンも同じようにカードを使ってお金を借りるという意味では使い道は同じです。基本的にカードローンは借り入れした額を分割で支払っていくというものになります。クレジットカードでのキャッシングは元々は翌日一括払いということだったので、カードローンとキャッシングの大きな違いはそこです。ただし最近ではキャッシングでも分割払い(リボ払い)ができるようになったため、この二つの明確な違いというのはあまり感じません。

では事業資金の資金繰りとしてのキャッシングはどうなのか、というとカードローン同様いつでも借り入れできるので、いざという時のために持っておくと非常に便利です。

ですが金利がカードローンよりも高めですし、融資限度額も数十万円程度、多くても数百万円ですので、事業資金に高額な費用が必要という方には向いていません。もしものために持っておくといい機能でしょう。

カードローンの場合、たいていの人は必要になった時に申し込むのが一般的ですが、キャッシングの方はもうすでにその機能がすぐに使える場合もあります。

最近は多くの方がいろいろなクレジットカードを持っています。クレジットカードを申し込む際にすでにキャッシング枠も設定していることもあるのです。そのため改めて申込をする必要がない方もいるのです。

不動産担保ローンでの融資

事業資金の資金繰りの方法として不動産担保ローンによる融資もあります。基本的に誰でも担保や保証人は付けたくないと思うものですが、無担保ローンではどうしても融資には限度があります。

特に事業資金となると、人によっては数千万円もの大金が必要になる場合もあるでしょう。しっかりとした事業計画や十分な自己資金等さまざまな条件がそろわないと金融機関では融資してくれることはありません。銀行や信用金庫、信用組合側からしても、数千万円もの大金を無担保で融資するということはやはりリスクがあるのですから。そのため、十分な事業資金が融資してもらえないというケースもあるのです。

そんな時に不動産を担保にするという方法が有効です。金融機関側でも不動産担保があれば万が一の時の損害も最小限に抑えることができますので融資してくれる可能性が高まるのです。しかも金利も安く、そして返済期間も長くなるなどさまざまなメリットがあります。

ただし、デメリットとしてはやはり担保となるわけですからもしも返済ができなくなるような状態になってしまえば、その不動産は手放さなければいけなくなるのです。そういった覚悟は必要になるでしょう。

ただ、不動産はあくまで担保になるだけですので、普段通り生活出来ますので、返済ができなくなるという事態に陥らなければ、何の支障もありません。ただ勝手に売ることはできません。もし、高額の事業資金が必要という方、なかなか審査が通らないという方は不動産担保ローンはオススメです。

車担保ローンでの借入

最近、車を運転しているといたるところに「車融資」とか「車乗ったまま融資できます」というような張り紙を目にすることがあります。これは、その名の通り車を担保に入れ融資を受けられるというものです。

事業資金の資金繰りとしてこの車担保ローンを利用しようと思っている方もいるかと思います。一見すると担保に入れても普段通り生活ができる不動産担保ローンと、担保に入れても普段通り車に乗り続けられる車担保ローン、どちらも同じようなものと思うかもしれませんが、実はまるっきり違うという点を認識しておきましょう。

まず運営している金融機関が違います。不動産担保ローンは銀行や信用金庫、信用組合などから融資を受ける場合に利用しますが、車担保ローンはそういった金融機関ではありません。少なくないケースで悪徳金融なのです(100%とは言いませんが)。

また、融資される額も異なります。不動産担保ローンの場合は家や土地などを担保にしますので数千万円もの融資が可能です。ですが車担保ローンは数十万円がいいところでしょう。金利も車担保ローンは高く、もし返済が遅れたりするとかなりの延滞金を取られます。なぜなら悪徳金融なのですから。

また悪徳金融会社が運営しているケースが多いので、万が一少しでも返済が遅れたりすると、当然車はすぐに持って行かれます。不動産担保ローンも返済ができなくなれば手放さなければいけないのですが、返済が遅れた程度では問題ありませんし、金融機関側でも出来る限りの対処策をアドバイスしてくれるのです。あくまでどうしようもなくなった場合の担保なのです。

また、乗ったまま融資ではなく、預けるタイプは特に危険です。預けた途端に他に売られてしまうというケースもあるのです。返済しようと思っても連絡が取れず、連絡がついた時には、返済遅れという名目で車を取られてしまうという仕組みなのです。

どこからも融資してもらえなくて車担保ローンを利用する方が多いですが、もしそういった場合には中古車販売店や車買取業者に売って資金にした方がいいです。

知らない金融機関からの借入

事業資金の資金繰りは金額によってはどこでもなかなか融資してもらえないというケースが多々あります。不動産を担保に入れようと思っても、その不動産がない方もいますし、保証人もつけたくないという方もいるでしょう。

最近ではFAXやメール、張り紙などで「無担保、低金利、即日融資」、「事業資金としてならもっと低金利」などというようなふれこみで広告を出している金融機関があります。担保も要らず、低金利で貸してくれるならこれほどいい金融機関はない、と飛びついてしまう方もいるようです。ですが、そういった知らない金融機関からの借入は絶対にしてはいけません。

そういった知らない金融機関は、「ただ自分が知らないだけ」ではなく、誰もが知らない悪徳金融である可能性が非常に高いです。「別に悪徳金融でも、低金利で貸してもらえるなら返済できるから大丈夫」と思う方もいるでしょう。ですがそれこそ悪徳金融の思うつぼで、さまざまな手口で騙されてしまうのです。

例えば「審査をしましたが残念ながら融資はできません。ですが知り合いの金融機関なら貸してくれる」と紹介し、紹介料を請求したり、審査という名目で個人情報をすべて握っているので、執拗に脅してきたりします。万が一融資を受けたとしても、さまざまな手数料を引かれた額だけ振り込みされ、最終的には返済できずに泥沼になっていくという結末です。それなら知名度のある消費者金融(悪徳ではない)で高金利でも融資してもらった方がいいでしょう。

もし、知名度のある消費者金融でも事業資金が借りられないという状態であれば、事業は諦めた方がいいでしょう。

クレジットカードの現金化

事業資金の資金繰りの方法として利用する人がいるのがクレジットカードの現金化です。資金繰りの方法としては、クレジットカードのキャッシング枠を利用した方法もあります。金利は高いですが借り入れしたい時に手軽にATMなどから借入できるので、当面のお金の工面などに役立ちます。

ですが、消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシング枠は貸金業法の総量規制の対象であり、年収の3分の1を超える借入はできない事になっています。そのためキャッシング枠の借入にも限界があるのです。もしもクレジットカードのキャッシング枠も使い切ってしまった、もしくはキャッシング枠がないクレジットカードばかりあっては資金調達はできません。

そんな時にインターネットや雑誌などの広告に載っている「クレジットカードの現金化」という方法を用いる人がいるのです。クレジットカードはショッピング枠があり、その範囲内であれば商品を購入でき、それを分割で支払う事もできる方法です。ただこれは商品の購入であり、現金を手にすることはできません。

このクレジットカードの現金化という方法は、そのショッピング枠を利用し、商品を購入、そしてその商品を購入価格の何割かで引き取るという手法です。そのため、キャッシング枠が無くとも数十万円の現金を手にできるのです。

ただ、これは違法でありやってはいけない方法です。しかも確実に借金が増えます。例えば50万円のキャッシング枠を使いそれを40万円で現金化した場合、その時は40万円の現金を手にできますが、実際は50万円の購入費用は支払わなければいけないので10万円多く借金をすることになるのです。いいかえれば40万円を借り入れし10万円の利息がつくのと同じです。

1年で返すと思っても年利は20%以上ですし、実際はたった1日で10万円の利息がつくのですから、トイチ(10日で1割の利息)どころの話ではありません。そういった誘いには絶対にのらないようにしましょう。

即日融資か翌日融資が可能なビジネスローン

ビジネクスト

  1. 最短で即日融資 ※申込時間帯などによっては対応できません。
  2. 無担保・無保証
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額1,000万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

最短で即日融資も可能なのが最大のメリット!
1,000万円という限度額の大きさも魅力的です。

ビジネスパートナー

  1. 最短、即日審査で翌日融資が完了
  2. 原則無担保・無保証(法人は代表者の要連帯保証)
  3. 申し込みから契約まで原則来店不要
  4. 限度額500万円で、資金使途は事業資金の範囲内なら自由
  5. 手数料一切不要

即日融資の点でビジネクストには劣るものの、
申込の即日に審査→最短で翌日融資OK!

ファクタリングの資金調達プロ

  1. カードローン、ビジネスローンの審査に落ちた経営者もOK
  2. 銀行融資を断られた方でも資金調達可能
  3. 借入ブラック、信用情報に問題ある方でも大丈夫
  4. ※法人のみ申込可能なので、その点には注意

ビジネスローン=借金ですが、
ファクタリングは借金ではありません。

あなたの会社に売掛債権があれば、
それを使って資金調達できるのが
「ファクタリング・資金調達プロ」の最大の特徴!

-事業資金調達・資金繰り

Copyright© ビジネスローン即日融資で至急の事業資金借入<来店不要>急ぎ! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.